カバーファンデーション

新着記事一覧

超敏感肌のために、日焼け止めを塗ると肌荒れが起きるという人は意外に多いものです。 従来の日焼け止めは肌への刺激が強い成分が主体となっていたからです。日焼けによる肌へのダメージ以上に、その後の肌荒れを心配しなくてはいけない …

まぶたにたまったファンデを落とす時にクレンジングの使い方、注意事項について知っておくと良い情報があります。 目の周りはとても繊細で、顔の他の皮膚よりも薄いことは触っただけれもわかります。ですから、きちんとメイク落とししな …

毛穴の奥たまったファンデを落とすには、2度洗いが基本です。正しい洗顔(石鹸)の使い方、注意事項を知って、美しい肌を保つようにします。 毛穴の汚れは、落ちているようでなかなか落とせていないことも多いようです。めんどうだから …

皮脂の分泌が多い小鼻周辺は皮脂がファンデを溶かしてしまって、毛穴に詰まりやすくなります。 日々の洗顔でしっかりと落とすのが大切で、落とし切れなかったファンでは徐々に毛穴にたまって角栓や黒ずみになってしまいます。 毛穴にた …

ニキビが治った後には、クレーターのように中央が凹んだ膨らみができてしまうことがあります。 クレーターは、ファンデを塗ることで隠すことが可能です。しかししっかりと塗ることで、凹みの中にはファンデがたまってしまいがちになりま …

毎日化粧をする女性にとって、毛穴の汚れは切っても切れない悩みです。面倒でも身だしなみとして毎日行うお化粧ですが、毎日するからこそしっかり落として綺麗な素肌を手に入れましょう。 そこで、日頃のケアで気になる毛穴の奥に詰まっ …

年齢を重ねると、弾力が衰えて肌がたるみ始めます。たるんだ肌の影響でほうれい線ができてしまいます。 ほうれい線ができるとその線にファンデが入り込み、クレンジングでしっかり落としきれないことも多いようです。 たまったファンデ …

目尻の肌は薄くダメージを受けやすいので、目元のメイクには注意が必要です。あまり厚塗りをすると、摩擦によるダメージを与えてしまうからです。 また、厚塗りをしている分クレンジングをしっかりとおこなわなければならなくなり、それ …

小鼻は、皮脂の分泌が多く角栓が溜まりやすい場所です。毛穴が大きくて、ファンデが詰まりやすいというデメリットもあります。 たまったファンデを落とすためには、クレンジングの使い方、注意事項を守ることが大切です。 小鼻をクレン …