年齢を重ねると、弾力が衰えて肌がたるみ始めます。たるんだ肌の影響でほうれい線ができてしまいます。

ほうれい線ができるとその線にファンデが入り込み、クレンジングでしっかり落としきれないことも多いようです。

たまったファンデを落とすには、クレンジングの使い方、注意事項を知っておかなければなりません。

正しいクレンジング方法とは、肌に負担をかけないように素早くおこなうことです。時間をかけると、その分肌を傷めています。

そして、自分の肌に合ったクレンジングを選ぶことも大切だと言われています。乾燥した肌にはミルクタイプ、脂性肌の人はオイルタイプ、敏感肌の人はジェルタイプが最適です。肌に合っていないタイプを使用すると、肌荒れやニキビの原因になってしまうことがあるので、注意が必要です。

ほうれい線は、手で広げて伸ばしてからメイクを落とすと、たまった汚れやファンデをきちんと落とすことができます。このときに力を入れて引っ張らないように気を付けます。

皮膚を伸ばし過ぎてしまうと、たるみやしわがよりひどくなってしまうこともあるそうです。やさしく素早く丁寧に洗うようにします。

不要な皮脂を落とすには、ダブル洗顔が基本です。洗顔も肌に合ったタイプを使用します。