超敏感肌のために、日焼け止めを塗ると肌荒れが起きるという人は意外に多いものです。

従来の日焼け止めは肌への刺激が強い成分が主体となっていたからです。日焼けによる肌へのダメージ以上に、その後の肌荒れを心配しなくてはいけないというのは、つらいですよね。そんな人は、超敏感肌でも安心して使えて、紫外線をしっかりブロックしてくれる日焼け止めを選びましょう。

◆日焼け止めで肌荒れが起きる理由
日焼け止めで肌荒れが起きる人は、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤が原因であることが多くなっています。また、保湿が不十分なために乾燥を招きやすいのも原因になります。

紫外線吸収剤とは、肌表面で吸収した紫外線を化学的にエネルギーに変換し、放出します。こうして、紫外線が肌の奥へ入り込むのを防ぐのです。紫外線を阻害する力が強いので、多くの日焼け止めに配合されています。

ただし、紫外線吸収剤は、効果が高い反面、肌には負担がかかる成分になっています。有機化合物であるために、肌には刺激となりますし、化学変化を起こした時の肌への安全性を危険視されることがあります。

◆ノンケミカルの日焼け止めとは
このように、効果は高いけれども肌への安全性に問題がある紫外線吸収材に対して、もうひとつ、紫外線散乱剤というものもあります。これは、有機化合物ではなく、「ノンケミカル」と表示されており、安全性も高くなっています。

ノンケミカルの紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線を跳ね返し、肌に当たらないようにする作用があります。敏感肌にとっては嬉しい成分ですが、白浮きしやすかったり、ベタついたりするなど、使用感に問題があるとも言われています。

◆ロングUVAをカットする日焼け止め
ノンケミカルで使用感も改善された、上質の日焼け止めとしておすすめなのが、ロベクチンプレミアムUVディフェンスです。ロベクチンと言えば、保湿クリームとして有名ですが、こちらの日焼け止めも保湿成分を配合し、低刺激で肌にやさしい成分で作られています。

さらに注目すべきは、ロングUVAをカットできる点です。これまでの日焼け止めは、UVBとショートUVAへの対応はされていましたが、もっと肌の奥深くに影響するロングUVAについては見過ごされてきました。

ロベクチンプレミアムUVディフェンスは、ロングUVA対応、SPF50+、PA+++、ノンケミカル処方、紫外線吸収剤不使用、天然美容成分配合です。良いことづくめの日焼け止めで、口コミも上々です。

使いやすく肌にやさしく、どんな紫外線もしっかりブロック。この日焼け止めならお出掛けも安心してできますね。

⇒ 【SPF50+ / PA+++】ロベクチンプレミアムUVディフェンス