普通肌は、肌トラブルもほとんどなく、皮脂によってべたついたり、
乾燥でカサつくことも少ない理想的なお肌です。
ですから、普通の状態であれば、特にファンデーションに
気を使う必要もないでしょう。

自分の好きな仕上がりになるものだったら、
使いやすさやテクスチャーで好きなファンデーションを選べます。

ただ、普通肌でも冷え性だったりすると、
どうしても顔色が悪くなったり、お肌がくすんでしまいます。
冷え性と言うと、手足の血行が悪いと言うイメージがありますが、
これは極端に手足が冷たくなるからです。

実際には、体全体の血行が悪くなっているので、
当然顔の血行も悪くなってしまいます。
血行が悪くなれば、顔色も悪くなるのは当たり前ですね。

また、肌のターンオーバーも乱れがちになるので、
古い角質が肌に残ってくすみも引き起こされます。
ですから、いくら普通肌で問題がなくても、
冷え性の場合は肌の色艶がなくなって、
不健康な印象になってしまうのです。

普通肌で冷え性が悩みの人のファンデーションの選び方は、
ツヤや透明感など肌の仕上がりに重点を置きましょう。
肌にトラブルがない普通肌の場合、冷え性による顔色の悪さは、
ツヤ感や透明感などでカバー出来ます。

特殊な色味をつけると、厚塗りの印象になってしまうので、
肌の質感の仕上がりをポイントにしてください。
肌にツヤが出ると、それだけで健康的なイメージになります。
透明感が出れば、顔色の印象も悪くなくなりますし、
ナチュラルな仕上がりで、冷え性さえも美しい素肌を演出出来るでしょう。