混合肌の場合、パーツによってくすみの原因が違っていることが考えられます。
オイリーな部分は、古い角質のせいでくすんでいる可能性があります。
乾燥している部分は、キメの乱れのせいでくすんでいることが多いと言えます。

つまり、部分によって原因が違うので、
全体を均等に仕上げることが難しいのですね。
例えば、ナチュラルな仕上がりのパウダータイプだと、
肌質の違う部分で仕上がりが変わってしまいます。

ですから、混合肌でくすみが悩みの人のファンデーションの選び方は、
カバー力がポイントとなってきます。

カバー力が高いファンデーションと言えば、
やはりリキッドタイプやクリームタイプになりますね。
ただし、こういったファンデーションだと、
オイリーな部分が崩れやすくなってしまいます。

そうならないように、薄づきでもカバー力に
優れているものを選ぶようにしてください。
また、最近は、油分が抑えられているものも多くなっているので、
そういったものを選ぶといいでしょう。

そして、仕上がりの質感ですが、混合肌の場合は
出来るだけマットなものがお勧めです。
くすみがあると肌がマットに見えるので、
余計にくすんでしまうと思うかもしれません。

混合肌は部位によってくすみ加減が違うので、
一度マットの状態にして均等に仕上げましょう。
肌全体を均等に仕上げることで、くすみをカバーする土台が出来上がります。
その上で、プレストパウダーなどでツヤ感を出すようにすると、
くすみをしっかりカバー出来ます。