暑い季節は紫外線やエアコンによるダメージ、また汗や皮脂によって肌に汚れがつきやすくトラブルを起こしやすい季節です。肌を清潔に保つことはもちろん日焼け止めや美白ケアによって、シミなどを防ぐケアも必要になります。

厚い季節は汗や皮脂の分泌が多くなる一方で、エアコンや紫外線による乾燥もあります。そこで普段のスキンケアで肌のコンディションを整えておくことが大切です。

お風呂上がりでも汗がなかなかひかなくて、ローションがつけれないということもあります。そこで活躍するのが、保冷剤です。保冷剤をタオルなどに包んで首のまわりを冷やします。首まわりを冷やす事で汗がひきやすいようです。

お風呂上がりは特に体の水分が抜けやすいので、できるだけ早く汗を引かせてローションを塗り、クリームや乳液で保湿しましょう。また朝は寝ている間の汗や皮脂の分泌でべたべたしています。朝は洗顔をしっかり行いましょう。

メイクを始める前のスキンケアは化粧くずれしにくい肌づくりでは大事なポイントです。暑い季節の肌は他の季節と大きく異なるので、肌状態にあった化粧品を選びましょう。

ローションや乳液を塗った後は、余分な水分はティッシュで軽く押さえてとりましょう。また手のひら全体で顔を覆うように押さえて、成分を浸透させます。この時に余分な化粧品が残っていると、ファンデーションがよれたり化粧崩れの原因になりやすいのです。

そのあとは下地で肌をカバーしたあとに、ファンデーションを塗ります。ウォータープルーフのリキッドタイプでも、パウダータイプのファンデーションもおすすめです。あまり厚く塗りすぎないようにしましょう。

普段運動や入浴などであまり汗をかかない人は、わりどべたべたした汗をかきやすいようです。汗は体の中の余分な水分などを排泄する働きがあります。定期的に運動や入浴などで汗をかくことが習慣になっている人は、汗腺の働きが活発になっています。

汗腺は血液中のミネラルをろ過する働きがありますが、汗腺の働きが鈍くなるとミネラル分が汗と一緒にでてきてしまいます。それが原因でべたべたした汗になるようです。定期的に汗をかく事は、体の新陳代謝をアップさせるだけでなく、汗腺を鍛える事になり、べたべた汗を解消しやすくなります。