ファンでをつけたまま寝ることは、ニキビやシワ、シミの原因になります。

しかし洗顔しすぎたり、皮膚を擦り過ぎると肌を傷つけたり、必要な皮脂まで落としてしまいます。

その結果、肌のバリア機能が低下して乾燥肌になったり、毛穴に黒ずみが溜まってしまうことになります。

そこで洗顔の方法として、洗顔料をたくさん泡立てて肌をマッサージするように洗うことがコツになります。

この時にお湯を使ってしまうと肌にダメージを与えるため、ぬるま湯にすることが必要です。

しかし頬や額と同じように洗ってはいけないのがまぶたになり、それはまぶたが他の皮膚よりも薄いためです。

もちろん、まぶたにたまったファンデを落とすことも目の周りのシワやたるみをつくらないためには必要です。

またまぶたは他の皮膚と異なり、様々なアイテムを使っていることが多いです。

そこでまぶたにたまったファンデを落とす時の洗顔(石鹸)の使い方、注意事項のコツがあります。

まず目の周りの皮膚は薄くてデリケートなため、しっかりと泡立てた洗顔料を目をつぶった状態で乗せます。

そして目の周りを擦るのではなく、左右にそっと撫でるようにやさしく洗うことがコツです。この場合、ゴシゴシと擦らず、ゆっくりと時間をかけて丁寧に落とすことが大切になります。

このようにしてまぶたにたまったファンデを落とすことで、シワやたるみなどをつくらない肌にすることができます。

【敏感な肌に】おすすめ洗顔石鹸ランキング