ニキビが治った後には、クレーターのように中央が凹んだ膨らみができてしまうことがあります。

クレーターは、ファンデを塗ることで隠すことが可能です。しかししっかりと塗ることで、凹みの中にはファンデがたまってしまいがちになります。

たまったファンデによって、クレーターがますます大きくなってしまうこともあるので、クレーターができている場合には、洗顔でたまったファンデを落とすことが大事です。

とはいえクレーターは、もとは肌がニキビによるダメージを受けたことが原因となっています。そのためゴシゴシと洗顔すると、肌にかえってダメージを与えることになってしまい、本末転倒となります。したがって洗顔は、肌に強い刺激を与えない石鹸を使い、優しくおこなうことが大事と言えます。

洗顔(石鹸)の使い方、注意事項としては、まずは石鹸を十分に泡立てて、きめの細かい泡をたくさん作っておきます。その泡をクレーターの部分に乗せると、凹んだ部分に細かな泡が入り込んでいきます。泡の力でたまったファンデが浮き上がってくるので、その後はしっかりとすすぎます。こうすると、強くこすらなくてもきれいに洗顔することができるのです。

肌にダメージを与えず、労わっておけば、クレーターはターンオーバーによって消えていきやすくなります。

クレーターを綺麗にしたい人に人気の洗顔石鹸TOP3