クレーターや毛穴の開きというのは、肌の機能を活性化して改善する必要がありますが、肌細胞を新しくしていくにはそれなりに時間がかかります。

ですので、治るまでは一時的であっても、ファンデーションで隠していかなくてはいけないでしょう。

こういった肌トラブルを隠すためのポイントとなるのは、ファンデーションの塗り方と選び方です。

まず塗り方ですが、どんなタイプのファンデーションでも叩き込む、というのが上手に隠すテクニックになります。

リキッドタイプでもパウダータイプでも、平面的に塗ってしまうと、ファンデーションが毛穴落ちしたり浮いたりしてしまうので、肌にきちんと馴染まず逆にトラブルが目立ってしまいます。

肌の凸凹やたるんで影が出来ている毛穴の場合は、できるだけ陰影を付けないようにすることが大事なので、凹んだ部分を平にするようなイメージで叩き込んでいきましょう。

そして、もう一つ大事なのが選び方です。基本となるのは、リキッドやクリームなどの液体タイプです。液体タイプであれば、凹んでいる部分に液体ファンデーションが入り込んで肌をフラットな状態にしてくれるので、クレーターや毛穴の開きを隠すには液体タイプが一番適しています。

ただ、こういうタイプが油分が多いので、痒みや炎症などのトラブルが併発している状態でしたら、化粧下地で凸凹を埋めてからパウダーファンデを使うのもいいでしょう。

色味は肌の色よりもワントーン明るいものを選んでください。また、適度にパールが入ったものを選ぶと、よりキレイに仕上げることができます。

明るめでパールが入っていると、光の拡散作用によって陰影が目立たなくなるので、クレーターや毛穴の開きをしっかり隠してくれます。

ただしパールが強すぎると、毛穴と陰影が逆に濃くなってしまって目立ってしまうこともありますから、パールの度合いには気をつけてください。入っているかいないか分かりづらい、という程度が一番目立たないので、必ず手につけて確かめましょう。

クレーターを隠したい人に人気のファンデ &コンシーラーおすすめランキング