シミが気になる場合は、ファンデーションのカバー力を重視して選ぶ女性が多いと思います。
隠す力も高く、崩れにくいリキッドファンデーションが人気のようです。

ただし濃いシミが集中してできている肌ですと、ファンデーションの下からどうしてもシミが透けて見えてしまいます。
その場合は、コンシーラーと組み合わせてメイクすることになります。
ファンデーションの力だけで全て隠そうとすると、一部分だけ厚塗りになり、不自然なだけでなく化粧崩れの原因ともなります。

メイクの順番は、下地、ファンデーション、コンシーラーです。
下地とファンデーションを塗った後は、肌が刺激されて若干体温が上がっています。
そのまま重ねていくと崩れやすいメイクになりますので、少しずつ休憩を挟みながら仕上げてください。
リキッドファンデーションの場合も指でなく、メイク用スポンジを使うのがおすすめです。
手の体温が移らないので、化粧崩れが更に起きにくくなります。

コンシーラーを使う場合は、筆先に取ってシミの部分へ置き、ファンデーションと馴染ませていきます。
馴染ませるのが苦手という方は、リキッドタイプのファンデーションを使ってみてください。
パウダーファンデーションより質感が近いため、自然に仕上げやすくなります。

また、シミはソバカスと違い後天的な要素の多いものです。
ファンデーションや下地はUVカット効果のあるものを選び、シミの拡大を防ぎましょう。
予防しつつ肌の新陳代謝を促していけば、シミを少しずつ薄くすることもできます。