ニキビ跡を隠すためには、色とデコボコの二つを
隠すということを考慮してファンデーションを選びましょう。

色味はファンデーションで隠すより、下地を色つきのものにした方が効果的です。
既に茶色くシミのようになっている場合は別として、
ニキビの赤みが残っているならグリーン系統の下地を使ってみましょう。
頬の赤み消し用として店頭に並んでいるかもしれませんが、
ニキビ跡の色味に対する効果も同じです。
赤と緑で打ち消しあい、ファンデーションを塗ったとき
ニキビ跡が隠れやすくなります。

ニキビが潰れた跡に茶色くなっている場合は、
既に肌やファンデーションの色に近くなっていますので、
下地の色にこだわる必要はそれほどありません。
濃い茶色で凹凸があまり無いのであれば、むしろニキビ跡でなくシミと考えて
ファンデーションを選んだ方が、望む結果を得られやすいでしょう。

次に、凹凸を隠すという点についてです。
最近はカバー力の高いファンデーションが多くなり、
毛穴と一緒にニキビ跡も隠すと謳うものが多くなりました。
ニキビ跡は、もちろん毛穴より凹凸が大きいものですから、
伸びの良いファンデーションを選ぶことも重要です。
パフで何度も重ね塗りした時に、ヨレることが無いようにです。

特に赤みが強く残っているような場合は、ファンデーションの上から
更にコンシーラーで隠すことになると思います。
コンシーラーを使うなら、ファンデーションはリキッドにしておいたほうが
後から馴染ませやすいでしょう。
ヨレの問題も、リキッドであればあまり悩まずに済みます。

クレーターやニキビ跡を隠したい女性に人気のファンデ &コンシーラーおすすめランキング

■ニキビ跡専用スキンケアセット