ファンデーションが浮いて見えるのは、皮脂や乾燥と
ファンデーションの色が肌に合っていないことが2大原因です。
ですので、ファンデーションを塗る前のケアと
色選びが浮いて見えないためにポイントになります。

■メイク前のケア
まずメイク前のケアですが、ここではとにかく保湿をすることが重要になります。
保湿ならきちんとしている、という方も多いかもしれませんが、
間違えないようにしたいのは一時的に肌を潤わせるのではなく、
保湿成分を浸透させなくてはいけないということです。

表皮は基礎化粧品に含まれる水分や美容成分の効果を
ダイレクトに受けるので、すぐに肌が潤った状態になります。
ですがその段階では表面に乗っかっているだけで、
内部まで浸透して保湿をしているわけではありません。

基礎化粧品は一つ一つが浸透するまでに時間がかかるので、
それぞれのアイテムを使うごとに約3分程度の時間を置いて、
次のアイテムを付けるようにしましょう。

また、肌が硬いと浸透力が低下してしまいますから、
スキンケアの前に蒸しタオルで柔らかくするひと手間を加えると、
より効率よくファンデーションが浮かない肌の土台作りができます。

■色選び
次に注意したいファンデーションのカラーですが、
これは基本的に首の色に合わせます。

白く透明感のある肌は女性の理想なので、つい少しでも
白く明るめの色を選んでしまいますが、
これでは塗ったそばから白浮きしてしまいます。

ですので、首とファンデーションの色が出来るだけ近いものを
選べるように、まんべんなく肌に光が当たる状態のところで
チェックしてください。

もう一つ大事なのが、肌の色味のチェックです。
ファンデーションの色は細かく分かれていて、同じオークルでも
ピンクがかったもの、黄色みがかったものなどの種類がたくさんあります。

肌の色味は人によって違っていて、茶色っぽい人もいれば、
血色の良いピンク系の人もいるので、色味も合ったものを
選ぶようにしましょう。

この2つの注意点を守れば、綺麗にファンデーションが
乗ったナチュラルな肌に仕上げることができます。