乾燥性敏感肌だと、ファンデーションを使うだけでも肌が痒くなったり、ぴりぴりとした刺激を感じることもある人も多いと思います。

ですが、成人女性にとってはお化粧も身だしなみの一つですし、仕事をしていない方でもシチュエーションによってはお化粧をする必要がありますからファンデーションは必須アイテムかもしれません。

肌に刺激となるファンデーションですが、トラブルを起こさないためには使い方をマスターすることが大切です。と言っても特別な使い方があるわけではなく、ポイントは摩擦を起こさないことです。

リキッドでもパウダーでも、塗るときはこすらない伸ばさないのが基本の使い方です。指先やパフにファンデーションを取ったら、ぽんぽんと軽く叩いて全体に塗りましょう。ちょっと時間がかかりますが、この使い方なら刺激を最小限に抑えられるので、肌トラブルを防いだり不快感を軽減できます。

ファンデーションの選び方と注意事項

乾燥性敏感肌は刺激に対するバリア機能が弱まっているので、ファンデーションはできる限り刺激を排除したものを選びましょう。そのポイントとなるのが油分が少ないことです。

油分というのは肌に重たく負担をかける上に、メイクを落とすときはクレンジングをしっかりしなくてはいけないので、かなり肌に刺激を与えます。

特にリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションはカバー力が高いですが、乾燥性敏感肌には向いていません。

ルースパウダータイプなら肌への負担が軽く、洗顔料だけで落とせるので、ファンデーションによる刺激を少なくできますから、ミネラルファンデーションなどを選ぶのが正解です。

ファンデーションを選ぶときに注意事項は、美容成分配合のファンデーションです。ファンデーションの目的は、肌トラブルをカバーしながら凸凹を目立たなくして、肌を美しくなめらかに整えることです。

これだけでもある程度の添加物が入るのですから、さらに機能を追加すると余計な添加物を使うことになります。

例え美容成分が入っていても添加物によって効果は相殺されてしまいますし、逆にトラブルが起こりやすくなるので、シンプルなファンデーションを選びましょう。