一般的に言われているファンデーションの選び方は、
乾燥肌はリキッドタイプやクリームタイプ、
脂性肌はパウダーファンデーションという選び方です。

ですが使い方や選び方によっては、乾燥肌の人でも
パウダーファンデーションを使えますし、
脂性肌の人もリキッドタイプを使う事ができます。
自分の肌質やその商品の特徴などを踏まえて、
ファンデーション選びを行いましょう。

乾燥肌の人は、リキッドファンデーションや
クリームファンデーションを選ぶのが基本です。

ナチュラルに仕上げたいのならリキッドを、
よりうるおい感を出したいのならクリームタイプを選びましょう。

乾燥肌の人がパウダータイプを使うと、しわが目立ったり
粉っぽくなってしまう事がありますが、
メイク前にきちんと保湿をする事で対処ができます。

どうしてもパウダータイプを選びたい人は、
基礎化粧の段階でしっかり保湿する事を心がけましょう。
また、保湿力の高いパウダーを選ぶのもひとつの手です

おすすめはリキッドファンデーションです。
場所によって塗る量を変えるとキレイな仕上がりになります。
基本的には良く動かす場所には薄く、
動かさない場所には多めに使うというのが上手な使い方です。

また、リキッドタイプは叩くように使うのが自然な仕上がりのポイントです。
この時、指を使うのではなくスポンジを使うとキレイに仕上がります。
肝斑を上手に隠すには伸びの良いタイプを選ぶといいでしょう。

リキッドタイプはファンデーションの重ねつけもキレイにできますから、
肝斑の人におススメです。
コンシーラーやチークなどもうまく使ってメイクしていきましょう。

肝斑を隠したい人に人気のファンデーション

リペアリキッドファンデーション
リペアリキッドファンデーション
50日分のトライアルセット

肝斑の部分にはイエローオークルを使うと相性が良い。超微粒子成分が気になるシミや肝斑をカバー。ファンデを落とした後の肌のケアも考えているのが人気の要因の一つ

リキッドBBバー
リキッドBBバー
1カ月で1万本突破

とろけるテクスチャーで肝斑を隠す。45日間全額返金保証。1本でファンデ、コンシーラー、コントロールカラー、美容液、日焼け止め、下地の6つの役割なので肌に負担をかけず厚塗りを予防。

薬用美白ファンデーション SPF50+
薬用美白ファンデーション SPF50+
オンリーミネラルが販売

クマ、シミなど茶色系、青色系のカバー力に定評があります。


( ランキング最終更新日 2017/08/22 )

トラネキサム酸配合のクリーム