毛穴の奥たまったファンデを落とすには、2度洗いが基本です。正しい洗顔(石鹸)の使い方、注意事項を知って、美しい肌を保つようにします。

毛穴の汚れは、落ちているようでなかなか落とせていないことも多いようです。めんどうだからといってクレンジングだけで終わらせずに、洗顔石鹸を使用するようにします。

洗顔石鹸は、逆さにして落ちないくらいしっかり泡立てることが大切です。中途半端な泡立て方だと、毛穴の奥まで泡が入り込めません。

石鹸をしっかり泡立てるには、水の量と洗顔用のネットが重要となります。洗顔石鹸とネットで摩擦をおこして泡立てるのですが、このときに少なめの水を使用することがポイントです。

摩擦をおこして泡立ったらそこで終わらせずに、これでもかというくらいの泡を作ります。そして、今度は完成したモコモコの泡で顔を滑らせるようにマッサージをします。

汚れを落とすという意識でやると、どうしても力が入ってしまうので、マッサージをする感覚でおこなうこと良いそうです。やさしく円を描くようにマッサージします。洗顔後は、すぐにローションで肌を整えます。時間をおいてしまうと、肌が乾燥して浸透性が悪くなってしまうそうです。