色白は七難隠すと言われるぐらい、美肌の基本とも言えるものなので
憧れている女性も多いでしょう。

ですが、色白の人だと肌と同じ色のファンデーションを使っていても、
塗るだけで厚化粧に見えてしまいます。

■ 刺激は大敵

それに色が白い場合、皮膚が薄く刺激を受けやすいので、
ファンデーションを付けるだけでも刺激となってしまい
メラニンを生成させてしまうこともあります。

さらに紫外線を少しでも浴びると、活性酸素が大量に発生し
細胞を傷つけてしまうため、肌の老化が促進されるという
デメリットもあります。

ですのでファンデーションの選び方、使い方には十分に注意して、
白く美しい肌を維持出来るようにしましょう。

まず第一に、自分の肌の色味に合っているかどうかを
チェックしましょう。
同じ白でも、化粧品メーカーやブランドによって色味が異なるので、
自分の白さにあったものを選ぶようにしてください。

もう一つ難しいのがパウダータイプやリキッドタイプなど、
テクスチャーを選ぶというものですが、
とにかく馴染みが良いとうことが大事です。

■ 重ね塗りは控えめに

乾燥肌だとパウダータイプは馴染みにくいので、
スポンジで何回も重ね塗りしてしまうと、
これが肌に刺激を与えて赤みや発疹などに繋がります。

リキッドタイプでもテクスチャーが硬いと伸びが悪いため、
伸ばしていく時に負担となるので肌を傷めてしまいます。
ですので、肌馴染みが良いのはもちろん、付けやすいかどうかを
必ずチェックしましょう。

また、ファンデーションというのは、どんなに持ちが良いものでも
時間が経つとある程度崩れてしまいます。
それに付けた時には肌に馴染む色味でも、時間の経過とともに
浮いてしまったら色味が変わってしまうということもあります。

仕上がり具合も、マットな感じや艷やかになるものなど違いがあるので、
できればサンプルがあるものを使って試してみるのがオススメです。

選ぶ基準や使い方は、基本的にはどんな肌の色の人でも同じなのですが、
色白の人は付ける時に刺激を与えず時間が経っても色変わりしない、
という点に注意して選ぶようにするといいですね。

■色白の女性に人気のファンデ

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール
美容液ファンデーション

日焼けをしないで今の色白のままをキープしたい女性から人気。美容液全5色のサンプルがあるので対応しやすい。

リペアリキッドファンデーション
リペアリキッドファンデーション
50日分のトライアルセット

色白で肌が弱めの女性から人気。シミやソバカスができる前に防ぎたい、肌に負担を掛けたくないと考えているケースに

リキッドBBバー
リキッドBBバー
1カ月で1万本突破

45日間全額返金保証。ファンデ、コンシーラー、コントロールカラー、美容液、日焼け止め、下地の6つの役割。朝のメイク時間がなかなか取れない女性に。