カバーファンデーション

新着記事一覧

目尻の肌は薄くダメージを受けやすいので、目元のメイクには注意が必要です。あまり厚塗りをすると、摩擦によるダメージを与えてしまうからです。 また、厚塗りをしている分クレンジングをしっかりとおこなわなければならなくなり、それ …

小鼻は、皮脂の分泌が多く角栓が溜まりやすい場所です。毛穴が大きくて、ファンデが詰まりやすいというデメリットもあります。 たまったファンデを落とすためには、クレンジングの使い方、注意事項を守ることが大切です。 小鼻をクレン …

毛穴は体中に存在しているのに、顔にだけ黒いぶつぶつが できてしまうのは、皮脂腺が多いため皮脂の分泌量も 他の部位より多いからです。 皮脂の分泌が多いと、皮脂が古い角質や汚れと混ざり合って 角栓ができ、これが空気や紫外線な …

目尻にたまったファンデを落とす洗顔(石鹸)の使い方、注意事項は幾つか方法があります。 まず、目尻にたまったファンデを落としやすくするためにぬるま湯で洗顔(石鹸)を泡立てます。できるだけ泡は細かくすることでファンデに浸透し …

顔にあるニキビ跡などによってできたクレーターのたまったファンデを落とす時に有効なのがクレンジングです。 クレンジングの使い方、注意事項として、まず使い方はクレンジングをコットンによく浸透させてからクレーターの部分にコット …

目元というのは、皮膚が薄く血液の流れも悪いので、ちょっとしたことで血流が停滞してその色が皮膚を通して青く見えてしまいます。 そのため、青クマは普通の人より皮膚が薄いとう遺伝的な要素に加え、寝不足や冷え性、疲労などによって …

目の下の茶グマの原因は、紫外線や摩擦などの刺激によってメラニン色素が過剰に生成されてしまい、色素沈着が起こっていることが主な原因になります。 また、目のトラブルなどでこすりすぎてしまうことも色素沈着を悪化させてしまうので …

顔に粉を吹いてしまうのは、乾燥によって角質が 剥がれやすくなってしまっているからです。 ですので、粉吹き状態にならないようにするにはスキンケアで しっかり保湿をすることが大事なのですが、 もう一つ重要なのがファンデです。 …

看護師さんや介護職の方など夜に仕事があるという方は、 夜勤の間ずっとファンデーションをつけっぱなしと いうこともあるでしょう。 夜は基本的に肌の修復が行われる時間帯になるので、 本来であればこの時間は肌に負担をかけるファ …